ガラケーかけ放題 ソフトバンク

ガラケーのりかえ割を使えば月額1480円でかけ放題

現在、ソフトバンクは「ガラケーのりかえ割」というサービスを提供しています。 これはMNPを使って現在の電話番号を維持したまま、auやドコモなどの他社からソフトバンクのガラケーへの乗り換えを行うと、月額1480円でかけ放題になるという大変お得なサービスです。 インターネットやEメールなど、通話以外のことには一切使わないなら、「S!ベーシックパック」や「データ定額パック」といったプロバイダ料金やパケット料金も不要です。 また、端末料金も月月割が適用されるため、タダになる物もありますから、そうした端末を選べば毎月1480円だけでかけ放題のガラケーを持てることになります。

ガラケーのりかえ割はどれぐらい得か

同じソフトバンクでガラケーのりかえ割を使わなかった場合の料金と比較してみましょう。 かけ放題にしたい場合には、「スマ放題」を選ぶことになります。この場合は基本料金が2200円ですが、「S!ベーシックパック」が必須となるためさらに300円かかり、月額は合計2500円となります。 一方、一般的な「ホワイトプラン」を選択した場合、基本料金は934円ですが、ソフトバンク以外にかけた場合、または21時から1時までの間にソフトバンクにかけた場合は通話料金が必要となります。 これは30秒で20円ですから、10分で400円、20分で800円となり、基本料金と合計すると、20分も話せば1700円以上になってしまいます。 これに対し、ガラケーのりかえ割を使えば1480円でかけ放題になるわけですから、通話を良くする人にとっては、こちらの方が圧倒的にお得です。

ガラケーのりかえ割の注意点

残念ながらソフトバンクの「ガラケーのりかえ割」は、その名のとおりガラケーだけが対象で、スマートフォンは対象外となります。 また、最初は3年間契約を続ける必要があります。3年目以降は2年単位です。 そして、「のりかえ割」ですから、まだauやドコモ、ソフトバンクなどの携帯電話を利用していない新規の人や、現在ソフトバンクを利用している人は使えません。 逆に言えば、こうした部分で問題が無ければ、月額1480円でかけ放題にできる素晴らしいサービスです。 携帯電話は通話ができれば十分、ということなら、ガラケーのりかえ割の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

通話料金を節約できるソフトバンクのガラケーかけ放題メニュー